医師

更年期障害に対する対策をしよう│症状に適した対処の数々

関節や筋肉が痛む病気

手

関節の痛みや筋肉の痛みを生じる病気をリウマチといいます。治療には専門医のいる病院にかかることになります。病院を探すときは治療実績のあるところを選ぶといいでしょう。リウマチは様々な症状を伴いますが、現代医学で症状の進行を遅らせることができます。

もっと読む

脳にできる腫瘍

頭を抱える男性

脳やその周囲に発生する腫瘍は脳腫瘍と呼ばれています。脳腫瘍の主な症状が慢性的な頭痛と吐き気です。腫瘍が進行すると視覚障害も現れ始めます。そのため脳腫瘍の治療が行なわれますが、手術療法、放射線療法、化学療法が治療方法として存在しています。治療法は腫瘍の大きさや患者の状態などを見て、併用することもあります。

もっと読む

ストレスに気をつけて

中年女性

更年期障害の原因は女性ホルモンの減少が主なものですが、ストレスも大きな原因です。更年期に入る五年前までに大きなストレスを抱えていると更年期障害がひどくなるという研究結果もあります。これは、ストレスがあると、女性ホルモンの働きを補うホルモンがうまく分泌されないためです。また、自律神経も働きがおかしくなってしまい体が休めなくなるのも原因の一つです。そのため、更年期障害の対策としてはストレス解消が大きなポイントです。更年期は、子供の独立や介護問題、夫の定年など様々なライフイベントが重なるときです。そのためストレスもかかりやすいのですが、生活のリズムを整えることでストレス耐性をつけることは可能です。基本的な睡眠、食事、適度な運動を心がけることが最重要です。

更年期障害の対策は生活リズムの改善とストレス対策が鍵となります。ですが、更年期障害の症状には個人差が大きいという特徴もあります。そのため、対策をしてもひどい症状がでることもあります。そのような場合には、無理をせずきちんと病院で治療を受けることがおすすめです。更年期障害は単なる体の不調ではなくれっきとした病気です。そのため薬物による治療や漢方治療など様々な治療が可能です。また、サプリメントなどを活用する人も少なくありません。サプリメントも一定の効果が見られます。生活の補助として活用するとよいでしょう。また、更年期障害は精神的な症状や原因も多いので、信頼できる人に相談するだけでも改善することがあります。

脳の先天異常です

下を向く男性

脳動静脈奇形とは、脳の動脈と静脈の間にナイダスと呼ばれる血液の塊が出来る先天異常のことです。血管が破裂しやすくなり、脳出血やてんかんのリスクが高まります。脳ドックで見つかることもあります。メインの治療は開頭手術ですが、その他に塞栓術や放射線治療も用いられます。

もっと読む